【シミュレート】6:4の比率はどこまで信頼できるのか!?検証した結果…

にほんブログ村 スロットブログへ

パチスロにおける「6:4」と言うと、
バジリスク絆のBCの色振り分けやハナハナのREG中示唆等、
様々な機種で設定判別に用いられています。

この「6:4」という数値がどこまで信頼できるものなのか?
ふと疑問に思ったためシミュレートしてみました。

ーーーースポンサードリンクーーーー

✅検証内容

・サンプルは特定状況で必ずAかBが選択されるものとする。

・検証に用いた比率はA:Bが4:6、5:5、6:4の3種類。

・サンプル数は5000。

・10回、20回…と10回刻みに50回まで、Aだった比率が
「4割以下」「5割未満」「半々」「5割以上」「6割以上」
が、それぞれどの程度あったかを検証。

✅検証結果

▼10回▼

AB比率 4回以下 5回 6回以上
4:6 64.0% 19.8% 16.2%
5:5 37.7% 25.2% 37.1%
6:4 16.2% 19.6% 64.2%

▼20回▼

AB比率 8回以下 9回以下 10回 11回以上 12回以上
4:6 59.8% 75.8% 11.5% 12.7% 5.6%
5:5 25.5% 41.2% 17.9% 40.9% 25.0%
6:4 5.2% 12.3% 11.7% 76.0% 59.1%

▼30回▼

AB比率 12回以下 14回以下 15回 16回以上 18回以上
4:6 57.3% 82.4% 7.5% 10.2% 2.2%
5:5 19.0% 42.6% 14.2% 43.2% 18.5%
6:4 2.3% 9.8% 8.2% 82.0% 57.7%

▼40回▼

AB比率 16回以下 19回以下 20回 21回以上 24回以上
4:6 57.1% 87.4% 4.9% 7.7% 1.0%
5:5 14.0% 44.6% 11.8% 43.6% 13.1%
6:4 1.1% 7.7% 5.9% 86.5% 56.7%

▼50回▼

AB比率 20回以下 24回以下 25回 26回以上 30回以上
4:6 56.0% 90.7% 3.6% 5.7% 0.2%
5:5 10.0% 44.3% 11.1% 44.6% 10.3%
6:4 0.6% 5.8% 4.2% 90.0% 55.3%

✅まとめ

検証10回程度では逆ブレする可能性も十分にありますが、
回数を増やす事でその信頼度も少しずつ上がっていきます。

もちろん8:2などの極端な偏りは
早い段階でも強めの示唆となってくれますが、
ぎりぎり6:4や半々に近い偏りは
回数が少ないと示唆内容としては弱くなります。
この点については覚えておくと良いでしょう。

数を重ねる事でその信頼度は上がります。
しかし、それと同時に投資が重なるというリスクも発生します。

「その台に設定がある」という強い根拠があれば、
逆ブレにもめげずに立ち回るのも有効です。
ハナハナの6なんかは左右半々ですからねf^_^;
上表の通りピッタリ半々に収まる確率はわずかで、
回数を重ねても約20%は6:4ないし4:6以上になるので、
それ一辺倒で考えるのはリスクが伴います。
ハナハナの設定狙い時は、BIG中のスイカ確率など
他の要素も絡めて判別していきましょう。

以上、6:4の設定示唆の信頼度シミュレートでした。

ブログランキング参加中!
応援タップよろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 スロットブログへ



スロットブログ&パチンコブログ


にほんブログ村テーマ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ

ツイッター始めてました!