【期待値について】プラスになる期待値が存在する理由と考え方

にほんブログ村 スロットブログへ

過去に一度記事にしましたが、
私自身期待値の計算をするようになったので
新たに書いてみました。

前回より理解しやすくなったと思うので
どうぞご覧くださいm(_ _)m

ーーーースポンサードリンクーーーー

○期待値がプラスになる要因

多くの機種で用いられている天井システム。
天井到達時の恩恵は機種によって様々ですが、
その恩恵が期待値に影響してくるのです。

例としてこんな機種があったとします。

  • ART機
  • ARTの純増…2.0枚
  • 50枚当たり回転数…30回転
  • 設定1の機械割…97.5%
  • 初当たり確率…1/300
  • 天井…ART間1000G→ART確定
  • 特定のゾーンやモードはなし
  • この機種を0から始めた場合、
    初当たり確率はもちろん300分の1となります。

    これを300から始めると、
    天井当選による補正がかかるため、
    初当たり確率が約280分の1にUPします。

    これを900から打てば、
    初当たり確率は86分の1まで上がります。

    初当たり確率300分の1で97.5%という機械割のため、
    天井補正で初当たり確率が上がるに連れて投資額が減り、
    それにより機械割が100%を超えるタイミングが発生します。
    例に挙げた機種であれば、
    350以降が機械割100%=期待値プラスになるボーダーとなります。

    ハマリ台=高機械割の台だけを打ち続ける事で、
    結果はほぼ自ずと出てくるようになります。

    ○個人では期待値プラス…でも?

    上記の機種で500ハマっていた台があったとします。
    500での期待値は約700円となります。

    あなたがそれを打ち始めれば、
    期待値700円を得られる事になります。

    それを店側の視点からすると…
    前の人が500ハマらせてくれた
    →そこまででその台に約17000円使ってくれた。

    となります。
    既に17000円使ってもらった台なので、
    その後の期待値700円なんて
    店からすればかわいいものです。

    更には500ハマるまでに当たっていた可能性もあるため、
    打っていた前任者の期待値が
    マイナス17000円だったわけでもありません。

    理論上約8割は500までに当選している計算となるので、
    「その8割を引けなかった」という結果が
    そこにあるという事になります。

    「ハマり台」というものは、
    そういった様々な事象から存在する事となります。

    ✅こんな例も用意してみた

    こんなくじがあったとします。

    ・一口2千円、くじ総数1万本

    ・ひとり100口まで購入可能

    ・くじの内容は以下

  • 1等…10万円×2本
  • 2等…5万円×10本
  • 3等…3万円×25本
  • 4等…1万円×200本
  • 5等…5千円×1000本
  • 6等…2500円×3000本
  • ハズレ…0円×残り(5763本)
  • ・必ずくじが全てなくなるまで続行

    2千円×1万本=2千万円で、
    くじの配当合計が1595万円になります。

    フラットな状態でのくじ1本当たりの期待値は、
    (2千万-1595万)/1万=-405円となります。

    勝率は6等以上を引ければよいので約42%になります。

    そこで、あなたはくじの売れ行きを陰から確認し、
    くじの総数が減ってから買う事にしました。

    そして経過を確認していったところ…

    くじが5000本なくなり、そこまでで出たのが
    6等1500本、ハズレ3500本
    となりました。

    こうなると残るくじは、
    1等2本、2等10本、3等25本、4等200本、
    5等1000本、6等1500本、ハズレ2263本

    合計配当が1220万円になりました。

    くじの残り口数は5000…という事は、
    残るくじの合計金額は1000万円。
    この時点での一口当たりの期待値は
    (1220万-1000万)/5000=+440円となります。

    1口当たりの勝率も(5千-2263)/5千で
    50%を超えてきます。

    という事で、あなたはくじを買う事にしました。

    しかし、そこで引けたのは、
    4等2本、5等5本、6等40本、ハズレ43本。

    1万×2+5千×5+2500×40-20万=-5.5万円

    結局マイナスで終わってしまいました。

    これが「試行に対する結果」となります。

    期待値プラスというのはあくまで理論上のため、
    結果がマイナスになるという事は十分にあり得ます。

    それでも同じ条件で繰り返し試行できれば、
    トータルでは期待値となる数値に
    限りなく近くなっていきます。

    これが「期待値の収束」と呼ばれるものとなります。

    本来は購入する前に友達49人連れて来て、
    残りを全て買い占めるのがベストですね。
    手持ちが1000万円必要になりますが、
    220万円のプラスが確定となります。

    そして来てもらった友達には謝礼を渡して…
    打ち子の様なシステムが完成します。

    ✅まとめ

    期待値がプラスになる理由について
    ご理解を深めていただけたでしょうか?

    マイナス続きでもいつかはいい事が起きるはず!
    次は一撃万枚で一気に収束するかもしれない!

    天井狙いで負け続けても、
    そんな事を考えながらひたむきに頑張りましょう!

    以上、期待値プラスが存在する理由と考え方でした。

    ーーーースポンサードリンクーーーー


    ブログランキング参加中!
    スロットブログ50位以内達成!
    皆様のご協力に感謝しますm(_ _)m

    にほんブログ村 スロットブログへ



    スロットブログ&パチンコブログ


    にほんブログ村テーマ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ