【メタルギアソリッド】ART期待枚数700枚はガセ!解析を元に天井、連チャンゾーン期待値を算出しました

にほんブログ村 スロットブログへ
©KPE

遅くなってしまい申し訳ありませんでしたm(_ _)m
久し振りの記事更新となります。

PCの不調によりまともに使えない日々…。
カスタマーサービスとの十数回の改善案を試した結果、
結局PCの初期化により復旧しましたorz

その時のお話はまた後日にし、
その間に出た解析も交えて考察して参ります。

ーーーースポンサードリンクーーーー

✅ART期待枚数について

まず、この機種の初当たり期待枚数が以下になります。

設定 初当たり確率 期待枚数
1 1/266.9 257枚
2 1/258.6 264.5枚
3 1/250.1 275枚
4 1/240.4 303枚
5 1/232.7 330枚
6 1/220.2 363.5枚

※自己算出

このように、設定が高ければ高いほど
初当たりに対しての期待枚数が多くなります。

これについてはBIGの当選比率やREGのBIG昇格率、
直撃ART比率などの、初当たりに対する
ARTの当選比率が高くなるためです。

参考:【メタルギアソリッド】設定差まとめ

○これらの数値からART期待枚数700枚で
ART当選比率を割り出してみる

当初よりART期待枚数が700枚とされてきましたが、
実際にこれだけの抽選が行われている状況で
ARTの期待枚数が700枚あると、
連チャンゾーン内でのART当選率が面白い事になります。

設定 連チャンゾーン当選比率
1 -8.22%
2 -12.51%
3 -9.21%
4 -7.72%
5 -0.91%
6 3.95%

※ARTの期待枚数は全て700枚と仮定

なんと設定6以外の比率がマイナスに笑

ちなみに、連チャンゾーン以外からの初当たりに対する
計算上のARTの当選率は26.0%~32.7%になります。

それだけの比率があると、
ART確定となる連チャンゾーンでの当選率に
割を持っていく事自体が(理論上は)不可能となります。

…と、ここまではPCがまだ使えた頃に書き綴っていました。

そうこうしている内に新たな解析が出たので、
そちらの数値を元にART期待枚数を算出していきます。

○連チャンゾーン内の当選率

設定 当選率
1 15.43%
2 15.81%
3 15.81%
4 16.89%
5 17.05%
6 17.84%

意外な事に大きな差がありませんでした。

となると、ARTの期待枚数に設定差がある可能性が非常に高いです。

というわけで、連チャンゾーン当選率を考慮しての
設定別のART期待枚数が以下になります。

設定 期待枚数 設定1との比較
1 463.6枚
2 451.6枚 -2.6%
3 490.8枚 +5.9%
4 517.2枚 +11.6%
5 582.6枚 +25.7%
6 627.5枚 +35.4%

※フリーズ、SPREG等の要因をすべて含んだ平均値

設定2のみ期待枚数が少なくなりますが、
これは初当たり期待枚数以上に
ART当選率が高くなるためです。

この数値ははあらゆる事象の平均値のため、
プレミアフラグを除くと、
恐らく設定1なら350~400枚程度まで
落ちるのではないかと思います。

○この数値差が起こり得る理由

ARTには「バトルレベル(1~4)」が存在し、
主に当選前の通常時のモードによって
振り分けが異なります。

まず、当選契機からARTモード(A~D)を振り分け、
そのモードの振り分けから
実際のバトルレベルを抽選します。
北斗転生や北斗修羅のA(R)Tレベルと
闘神レベルの抽選と同じ仕組みになります。

バトルレベルが高ければ高いほど、
戦況を有利に運ぶことができるため、
ロング継続しやすいという仕組みです。

▼ARTモード抽選▼

特定条件
移行先モード (SP)REGから 通常時直撃
ART2周目以降
B 37.5% 50%
C 37.5% 37.5%
D 25% 12.5%

上記以外(前回モード参照)
ARTモード モードA モードB モードC モードD
A 70.31% 85.55% 31.25%
B 25% 12.5% 31.25% 37.5%
C 1.56% 1.56% 25% 37.5%
D 3.13% 0.39% 12.5% 25%

▼バトルレベル抽選▼

ARTモード抽選後のバトルレベル振り分け
バトルレベル モードA モードB モードC モードD
1 74.61% 42.19%
2 10.16% 25% 50%
3 10.16% 17.58% 25%
4 5.08% 15.23% 25% 100%

通常時のモードはD>C>A>Bの順に、
ARTモードとバトルレベルはD>C>B>Aの順に
高継続の期待が持てます。

高設定の期待枚数が増えるカラクリはここにあった模様です。
逆に設定2は通常時のモードBの振り分けが多くなるため、
設定1よりも期待枚数が少なくなってしまいます。

通常時のモード振り分けは大きめの設定差が存在するため、
それによって期待枚数が上下するものと思われます。

また、通常時モードBの振り分けが最も多い設定2が
ARTの期待枚数が少なくなるという点についても納得できます。

✅これらを踏まえての天井、連チャンゾーン期待値

▼天井期待値▼
メタルギアソリッド 天井期待値
※設定1、50で前兆非発生ヤメ
※ARTは一律同じ枚数で算出
記事の引用および転載は、必ずこちらのページへのリンクを貼り付けて下さい。

▼連チャンゾーン期待値▼

50枚等価 5.6枚持ち玉
+204円 +183円

※条件は天井期待値算出時と同条件
記事の引用および転載は、
必ずこちらのページへのリンクを貼り付けて下さい。

・200、500、800、1000ゾーンは、
全てゾーンスルーでの期待値になります。
そのため、ゾーンを踏む所は
その分のゲーム数を加算してあります。

・通常当選時の期待枚数を約220枚に。
最深部天井到達時はREG以外確定となるため
そこだけ期待枚数を約290枚にしてあります。

・天井期待値は連チャンゾーンの期待値も含んでいます。
連チャンゾーン内の当選率は通常時よりも低くなるため、
ほかに打つ台が見つかった時など、
状況によっては即前兆確認ヤメでも良いでしょう。

・当選時のARTレベルは考慮していません。
大きく影響してくるかもしれませんが、
そこを考慮すると連チャンゾーンの期待値が
ほとんどない可能性まであります。

ちなみに、即前兆からのヒット率が全体の1/3以上あった場合は
即前兆確認ヤメの方が期待値が上がります。
実際のところは即前兆がどの程度発生するか分からないので
50ヤメのみの期待値を加算してあります。

○狙い目、ヤメ時

時給 狙い目
±0円 670
1000円 760、860
2000円 920
3000円 960、1030

※50ヤメ

ヤメ時はART確定となる50を目安にしましょう。
ただし、そこで得られる期待値は
200円程にしかならないので、
即前兆確認後、一旦ホールを1周して
他のめぼしい台があるかどうかを
確認してから回すのが無難です。

ーーーースポンサードリンクーーーー



▼月額○百円で月収○万円UP!?おススメツール集▼








ブログランキング参加中!
応援タップよろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 スロットブログへ



スロットブログ&パチンコブログ


にほんブログ村テーマ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ

ツイッター始めてました!


【メタルギアソリッド】ART期待枚数700枚はガセ!解析を元に天井、連チャンゾーン期待値を算出しましたへ1件のレスポンス

  1. ピンバック:メタルギアソリッド【天井恩恵・期待値・狙い目・ヤメ時etc】 | 19時からのスロリーマン予備校