【麻雀格闘倶楽部2】初当たり期待枚数を自己算出&設定判別に使えそうなポイントを紹介

にほんブログ村 スロットブログへ
©KPE

ーーーースポンサードリンクーーーー

✅麻雀格闘倶楽部2 初当たり確率と期待枚数

設定 初当たり確率 期待枚数
1 1/297.0 362.6枚
2 1/276.5 351.9枚
3 1/285.8 389.1枚
4 1/245.8 372.4枚
5 1/249.9 423.6枚
6 1/228.7 445.9枚

※データの引用及び転載は、必ずこちらへのリンクを貼り付けて下さい。

○初当たり確率の特徴

初当たり確率については、
パッと見てお気づきになると思いますが、
「偶数設定の方が機械割に対する初当たり確率が高い」
という点が特に目立っていると思います。

実際「設定3よりも設定2、設定5よりも設定4の方が
初当たりが軽い(が機械割は相応に低い)」です。

昔からパチスロ業界によくある
奇数→荒波、偶数→安定という構図になっています。

○期待枚数の特徴

こちらは初当たり確率と逆ですね。
奇数の方が期待枚数が多い傾向にあります。

✅これらの数値差から考えられる
設定差のあるポイントを予想してみる

まず、小役確率はほぼ一定です。
そのため、初当たり確率の差が
生まれてくる可能性として考えられるのは、
高確率ステージへの移行頻度ではないかと思います。

恐らく、
ツモ運UP=初当たり確率に影響を及ぼしやすい
特訓ステージへの移行率は偶数優遇

翻数UP=期待枚数に影響を及ぼしやすい
バカンスモードへの移行率は奇数優遇

となるのではないかと思います。

それぞれの出現率が分からない事には
何とも言えませんが…f^_^;

✅まとめ

現状ある情報だけでは判別は難しいです。

設定6は初当たり、期待枚数ともに高くなっているので、
「○分の1で6投入」といったイベント時では、
3000回転程度回ればうっすら見えてきそうな気がします。

半面、6以外はほとんど分からないと思います。
1の誤爆が5の様に見える場合もありますし、
4は期待枚数がほとんど変わらないので
初当たりの軽い1が4の様な挙動に見えてきます。

以上、麻雀格闘倶楽部2 期待枚数から設定判別でした。

ーーーースポンサードリンクーーーー


ブログランキング参加中!
応援タップよろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 スロットブログへ



スロットブログ&パチンコブログ


にほんブログ村テーマ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ

ツイッター始めてました!