【モンスターハンター狂竜戦線】通常時のモード振り分け モード移行率 モード滞在期待度 チャンスパターンまとめ【1/29更新】

にほんブログ村 スロットブログへ
©エンターライズ

ーーーースポンサードリンクーーーー

✅モード、テーブル概要

▼内部モード▼

モード ART期待度
A
B
C
D

▼テーブル概要▼

スルー回数 テーブル1 テーブル2 テーブル3 テーブル4 テーブル5
0回 B B C A D
1回 A A C A C
2回 A B B A D
3回 B C B B C
4回 C A C A D
5回 A B B A C
6回 B C C B D
7回 A A A C C
8回 B A A A D
9回 A B B A C
10回以降 D

引用:パチマガスロマガ

○システム的にはバジリスク絆?

内部モードはA~Dまでの4段階が存在し、
その内部モードは5つのテーブルによって管理されます。 

✅内部モード示唆演出

その①.通常時のチャンスボタンプッシュ

チャンスボタンをプッシュした時の
背景とモンスターが内部モード示唆となっています。

モンスター
(背景色)
示唆内容
ケチャワチャ 示唆なし
ガララアジャラ テーブル4期待度若干UP
テツカブラ 次回モードB期待度ダウン
ザボアザギル 次回モードA期待度ダウン
ネルスキュラ モードB期待度UP
リオレウス モードB以上確定
テーブル3or5に期待
ティガレックス モードB以上確定&
次回モードB以外
ブラキディオス モードB以上確定&
テーブル3以外
クシャルダオラ モードB以上&
次回モードB以上確定
キリン モードB以上&
次回モードB以上確定&
テーブル4以外
テオ・テスカトル モードB以上&
次回モードC以上確定
イビルジョー モードC以上確定
リオレイア希少種
ゴア・マガラ モードDor
確定高確確定
ジャガルマガラ テーブル5のモードDor
確定高確確定

引用:パチマガスロマガ

基本的に青背景はノーチャンス。

緑背景のものはB以上確定となるため、
どのテーブルにもモードBが存在しない
1、4、7スルー時はC以上確定となります。

0スルー時に次回B以上確定パターンが出現した場合は
テーブル3or5が確定すると同時に
どちらもモードC以上が確定となります。

あまり触れていない方でも
表を見返すなどして取りこぼさないようにしましょう。

赤背景はC以上確定。
テーブル5以外でモードCの存在しない
2スルー(&5スルー)で赤背景だった場合は
テーブル5が確定となります。

紫背景は問答無用でARTまで追いかけてしまってOKです。
最強テーブルである5、もしくは
ART当選まで高確状態が続くため
かなりの期待値があるものと思われます。

○ボーナス終了画面

選択したクエストによって示唆が異なります。
どのクエストもモード示唆の役割があるのですが、
示唆の出現頻度から、ここでは開眼クエストと
モンニャンクエスト
だけをピックアップさせていただきます。

開眼クエストは、失敗時のモンスターアイの色
次回モードの示唆となります。

モードA モードB モードC モードD
87.5% 50% 50% 25%
12.5% 50% 25% 25%
25% 25%
25%

緑以上なら次回モードC以上が確定となります。

0スルー時に黄色だった場合もチャンスです。
モードA以外の振り分けがあるのはテーブル3or5しかなく、
どちらもモードCとなります。
モードAの薄い方を引いただけの可能性もありますが、
ボーナス1回当選まで追いかけても良いと思います。

モンニャンクエストは最終ゲームのアイルーのセリフ
次回モードの示唆となります。

セリフ モードA モードB モードC モードD
面目ないニャ 100%
やられたニャ 100% 75% 62.5%
もうちょっとだったニャ 25% 25%
次は負けないニャ 12.5%

それぞれ引用:パチマガスロマガ

次回モードAか否かがはっきり分かるのが特徴です。
モードC以上の示唆の出現率も高めなのですが、
こちらは選択できる状況が限られてきます。

「選べる時はモンニャンクエスト、
選べない時は開眼クエスト」
と使い分けましょう。

▲目次へ戻る▲

✅テーブル移行率

▼設定変更後▼

設定 テーブル1 テーブル2 テーブル3 テーブル4 テーブル5
1~3 46.9% 25.0% 14.8% 3.1% 10.2%
4~6 36.7% 25.0% 14.8% 3.1% 20.3%

▼設定1▼

テーブル 1へ 2へ 3へ 4へ 5へ
1~ 30.1% 55.5% 6.3% 7.8% 0.4%
2~ 55.5% 15.6% 12.5% 15.6% 0.8%
3~ 39.8% 15.6% 6.3% 36.7% 1.6%
4~ 25.0% 75.0%
5~ 66.8% 18.8% 2.0% 6.3% 6.3%

▼設定2▼

テーブル 1へ 2へ 3へ 4へ 5へ
1~ 25.0% 57.0% 14.1% 3.1% 0.8%
2~ 58.6% 14.1% 19.5% 6.3% 1.6%
3~ 50.0% 18.8% 15.6% 12.5% 3.1%
4~ 25.0% 75.0%
5~ 66.8% 18.8% 9.4% 3.1% 2.0%

▼設定3▼

テーブル 1へ 2へ 3へ 4へ 5へ
1~ 25.0% 55.5% 6.3% 12.5% 0.8%
2~ 50.0% 10.9% 12.5% 25.0% 1.6%
3~ 28.1% 12.5% 6.3% 50.0% 3.1%
4~ 25.0% 75.0%
5~ 29.3% 12.5% 2.0% 6.3% 50.0%

▼設定4▼

テーブル 1へ 2へ 3へ 4へ 5へ
1~ 12.5% 28.1% 50.0% 3.1% 9.4%
2~ 21.9% 12.5% 50.0% 6.3% 9.4%
3~ 12.5% 12.5% 25.0% 12.5% 37.5%
4~ 25.0% 75.0%
5~ 25.0% 17.2% 50.0% 1.6% 6.3%

▼設定5▼

テーブル 1へ 2へ 3へ 4へ 5へ
1~ 12.5% 28.9% 12.5% 6.3% 39.8%
2~ 21.1% 9.4% 17.2% 12.5% 39.8%
3~ 16.4% 6.3% 12.5% 25.0% 39.8%
4~ 25.0% 75.0%
5~ 32.0% 15.6% 6.3% 6.3% 39.8%

▼設定6▼

テーブル 1へ 2へ 3へ 4へ 5へ
1~ 12.5% 28.1% 50.0% 3.1% 9.4%
2~ 21.9% 12.5% 50.0% 6.3% 9.4%
3~ 12.5% 12.5% 25.0% 12.5% 37.5%
4~ 25.0% 75.0%
5~ 25.0% 17.2% 50.0% 1.6% 6.3%

○テーブル移行率の特徴

設定毎に以下の特徴があります。

設定1、2
・テーブル5への移行はほぼノーチャンス。

設定3
・テーブル5への移行はしにくいものの、
テーブル5へ上がると50%ループ。

設定4、6
・テーブル3への移行がメイン。
テーブル3→テーブル5への移行率が高く、
それに伴いテーブル5への移行もそこそこある。

設定5
・どのテーブルからもテーブル5への移行率が高い。

パッと見の特徴では分かりにくいと思うので、
実際にモード移行率のシミュレートをして
設定別のモード滞在期待度を算出しました。

設定 テーブル1 テーブル2 テーブル3 テーブル4 テーブル5
1 38.2% 29.0% 6.7% 14.3% 11.9%
2 40.2% 31.4% 14.7% 7.0% 6.7%
3 27.4% 21.7% 5.3% 17.7% 27.9%
4 15.8% 15.0% 36.6% 8.5% 24.0%
5 21.3% 15.0% 9.1% 10.9% 43.7%
6 15.8% 15.0% 36.6% 8.5% 24.0%

全てART初当たり10回後のデータを用いましたが、
どの設定も5~6回程度でほぼ一定の数値になりました。

この様にすると偶数奇数や高低での移行率の差が
より分かりやすくなったと思います。

立ち回りの参考になると思うのでぜひご活用ください!

▲目次へ戻る▲

✅狙い目、ヤメ時

○ボタンプッシュ時のチャンスパターン

ボーナス当選まで

・赤背景
・1、4、7スルー時の緑背景
・0スルー&次回B以上確定パターン

(テーブル3が確定=次回もモードCのため2回フォロー)

ART当選まで

・紫背景

○クエスト終了時のチャンスパターン

・次回モードC以上確定演出出現時は
ボーナス当選までフォロー

○その他

2スルー時のモードC以上示唆が発生した場合は
モードD確定=テーブル5が確定となります。

他にもこういった特殊なパターンはあるので、
テーブル表とにらめっこしながら慣れていきましょう。

以上、モンスターハンター狂竜戦線
モード詳細 テーブル移行率 チャンスパターンまとめ
でした。

ーーーースポンサードリンクーーーー



▼月額○百円で月収○万円UP!?おススメツール集▼








ブログランキング参加中!
応援タップよろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 スロットブログへ



スロットブログ&パチンコブログ


にほんブログ村テーマ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ

ツイッター始めてました!