• タグ別アーカイブ: 沖ドキ2
  • 【沖ドキ2】モードB期待度のその先について考えてみた

    にほんブログ村 スロットブログへ

    皆様ご無沙汰しております。

    最近地元でなぜか沖ドキ2がそこそこ回っているためどうにか期待値稼働できないか考えたところ、とある仮説に辿り着いたのでそのデータを共有しようと重い腰を上げてみました。

    とは言え沖ドキ2なんて旬すらなかった機種だし、これからNOTE始めて100円とかで出しても買う人なんてどうせ誰もいないよねと思うので、ここに書き記すことに決めました。

    ちなみにトップ絵は確定チェリーでもなんでもないので悪しからず。
    ウキウキでメダル投入してなんだよ光んねぇじゃねえかこんなの遠隔だろって店員さん呼んで文句言ってはいけません。
    そもそもこの機種チェリーは全種類リプレイフラグなので、これが本当の確定チェリーならメダルを入れずに回ります。
    なぜ前任がこんな怪しい出目で席を立ったかを考えるのが先決です。

    ーーーースポンサードリンクーーーー

    ✅沖ドキ2のモード示唆と言ったらアレですが…


    引用:一撃様

    これです。
    前作同様絶対のないいやらしいところを責めてくる示唆内容ですよね。
    パッと見だけなら黄色はかなりおいしそうにも見えますが、モード滞在比率などの別要因を加味すると実は案外そこまででもなかったりします。

    念のため発生率も掲載しておきます。

    通常A 通常B 天国準備
    2.7% 4.7% 8.9%

    ※500G以内 501G以降は割愛

    そしてこちらは先日Twitterでアップしたもの。

    通常時のモードA比率が約8割(※設定1)あるのに対し、黄色ならモードB以上の期待度がそこそこアップし、同時に500回転以内であれば次回天国確定となる天国準備の期待もワンチャンス見込めるレベルとなります。

    逆に500回転までに黄色くならなかった場合はほぼ触る価値がないレベルにまで落ち込んでしまいます。

    ・というわけでこんな事を考えてみた

    だったら「500G位内の黄色台を500まで自分で回して、ワンチャンスの天国準備をフォローしつつ、その時の示唆回数で500やめする選択肢も加える」というのはどうだろうと思ったわけです。
    当たらずに出玉ゼロで終わるリスクもかなりありますが、それ以上に初代よりも天国行かない事で有名な通常A濃厚な台を天井狙いとかこつけて当たるまで回すというリスクを軽減できるというメリットはかなり大きくなると思います。

    初当たり約400分の1ですから単純計算すると30分弱です。
    厳密には天井があるので平均はそれより短くなりますが、もしそれがモードA濃厚だったら粘ったところでほぼほぼ単発ですからね。
    その時間と投資をほぼ無駄に使うことになります。

    まぁそんな半端なゾーンを打つなよという声もあるでしょうけど、深追いして傷口を広げないための回避策とでも考えていただけると幸いです。

    おさらいですがまず一般に出回っているフラットな状態での天井期待値が以下になります。


    引用:期待値見える化様

    この期待値は設定1と2が混在しているという条件でその比率は正確には分かりませんが、1対1であると仮定するとこの表の天国準備スルー時のモードB滞在期待度はおよそ23%となります。

    にもかかわらず期待値はちょいプラス程度。設定1固定でのフラットな500Gからの期待値はほぼ確実にマイナスになるものと思われます。

    私が先日Twitterにてアップした青以下のモードB期待度はその数値をはるかに下回るため、黄色以外の天井狙いはかなり深めから狙わないといけないという事もお分かりになると思います。
    黄色くなっていない台の天井狙いは天井当選でもBIG単発だけでほぼ取り返せる750辺りまで見た方が良いかもしれません。

    次に消化ゲーム数に応じたモード示唆の出現回数の分布を算出しました。
    それが以下になります。

    ▼モード別示唆出現回数分布▼

    消化G数 A0回 A1回 A2回~ B0回 B1回 B2回~
    200 54.1% 33.6% 12.3% 34.8% 37.6% 27.6%
    150 63.0% 28.9% 8.1% 45.3% 36.5% 18.2%
    100 73.5% 22.8% 3.7% 59.0% 31.9% 9.1%
    50 85.7% 12.2% 2.0% 76.8% 19.3% 3.9%

    ※設定1

    通常Bでもランプ変化の起こる確率は190分の1程度のため、300~500の200ゲーム回しても約35%の確率で示唆が出現しません。
    その代わり、消化ゲーム数にもよりますが消化中に1度でも示唆が出た場合はそれなりのポジティブ要素になる?様な気がします。

    この分布と先日Twitterでアップした座る前のモードB期待度をかけ合わせた数値が以下になります。

    ▼モード示唆出現回数別通常B期待度▼

    開始G数 0回 1回 2回 3回
    300 22.8% 34.1% 47.5% 61.3%
    350 24.0% 35.6% 49.2% 62.9%
    400 24.8% 36.6% 50.3% 63.9%
    450 26.2% 38.4% 52.1% 65.6%

    ※設定1、開始G数から500Gまで消化、開始時バックライト黄色が前提
    記事の引用および転載は必ずこちらのページへのリンクを貼り付けて下さい。

    4回以上は大人の事情で省略しましたが、もちろんその回数が多いほどモードB期待度が上がるためより強い示唆となります。
    その一例として300~500の200ゲーム間で4回出現すれば約73%まで跳ね上がります。
    それよりそこまで出現しているのであれば天国準備の可能性を期待しましょう。

    ここまではフラットな目線で書きましたが、一番気がかりなのは前任の知識介入度なんですよね。

    「なぜ2回以上モード示唆が出ているのに席を立ったのか」

    途中やめの時点で前任はカジュアルプレイヤーが雰囲気でやめただけの可能性の方が圧倒的に高いとは思いますが、その黄色台が示唆2回のみと仮定した場合の期待度が以下になります。


    ※上が2回以上、下が2回固定

    黄色の理由を2回だけに限定してしまうと結構弱くなります。
    500ゲームスタートならほぼほぼフラットな比率と変わらないため、設定1固定で考えると黄色でも天井期待値はマイナスまで落ち込んでしまうことが予想されます。

    ▼モード示唆出現回数別通常B期待度その②▼

    開始G数 0回 1回 2回
    300 19.0% 28.8% 40.7%
    350 19.0% 28.8% 40.7%
    400 19.0% 28.8% 40.7%
    450 19.0% 28.8% 40.7%

    ※設定1、開始G数から500Gまで消化、開始時示唆2回固定
    記事の引用および転載は必ずこちらのページへのリンクを貼り付けて下さい。

    こちらの表では期待度が完全にフラットとなりましたが、そうなった理由は事前に前任の回数を把握しているという条件のため、結局のところ「500ゲームまでに○回引いた場合のモードB期待度」となるからです。
    前任が開始までに3回引いていれば自分がゼロでも28.8%、4回引いていれば自分がゼロでも40.7%となります。

    とにかく前任が回している時に何回出たは分からないので、ガードは高めにしておいたのがベターだと思います。

    ・続行判断について

    とにかく前任が何を思ってやめたかを察するのは難しいので、後者の期待度を参照して押し引きを考えるのが無難かもしれません。

    示唆ゼロなら500やめ

    示唆2回以上出たら問答無用で続行

    示唆1回は一旦席立ってホール一周挟む
    ↑多分102~3%程度のちょいプラくらいと予想

    この様な立ち回りで良いと思います。

    でも期待値算出まではしないので、運用されるかどうかは各々のご判断でお願いします。

    ✅おまけ

    この機種の打ち方ですが、中押し7狙いがベストです。

    チェリーはリプレイフラグのため、タタンと左も適当押ししてスイカテンパイ時のみ右リールを7BAR避けて止めましょう。
    チェリーの場合は初代と同じく中段リプ&右上段リプの形で停止しますが、左にチェリーを止めないと揃わないリプレイのような扱いになるのかリプレイの音が鳴ります。

    これで中リール中段7が止まった時に左右を狙うとトップ絵の出目が作れるので、触る機会があったらお試しください。

    ーーーースポンサードリンクーーーー



    ▼月額○百円で月収○万円UP!?おススメツール集▼








    ブログランキング参加中!
    応援タップよろしくお願いしますm(_ _)m

    にほんブログ村 スロットブログへ



    スロットブログ&パチンコブログ


    にほんブログ村テーマ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ

    ツイッター始めてました!